×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

慢性疲労症候群とは

慢性疲労症候群という言葉を聞いたことがあるでしょうか?慢性疲労症候群とは、その名の通り、慢性化した疲労なのですが、原因は不明で疲労の度合いは強度で長期間疲労が継続する病気なのです。慢性疲労症候群は6ヶ月以上続くことが一般的と言われていて、原因も不明、また、慢性疲労と区別もつきにくいということで慢性疲労免疫不全症候群という名称も存在します。慢性疲労症候群の症状は、兆機関の疲労感とともに他の症状を合併することがあり、その中には微熱、リンパ節の腫張、筋力低下、思考力低下、関節の痛み、睡眠障害などがあります。主には身体や思考力に疲労を感じる為日常生活に多大な影響があります。慢性疲労症候群は疲労が蓄積した慢性疲労とは別物で、見た目でわからないケースもあります。またアレルギー疾患を持っている人は慢性疲労症候群を発症しやすいとも言われています。また、慢性疲労症候群は鬱や更年期障害、自律神経失調症などと誤診されている患者もいると言われています。

スポンサード リンク

慢性疲労症候群の弊害

慢性疲労症候群は、日常生活に支障が起こるほど、強い疲労が長期間(少なくても6ヶ月以上)継続し、さらに再発を繰り返す原因不明の病気です。慢性疲労症候群は他の疾患と間違えられやすいほか、他の症状と併発することもあります。慢性疲労症候群の発症原因は、風邪をはじめとするウイルスなどによる感染症、化学物質や精神的なストレス、外科手術や出産等などから突然発症する例が多いのだが決定的な理由は今だわかっていないのです。ただし、慢性疲労症候群の患者の共通点は、免疫が著しく低下していて、脳や神経機能に異常を起こしていると言われています。またホルモンなどの内分泌の産生低下も引き起こされているため、脱力感、思考力低下の症状が強くなる傾向にあるようです。そのほか、慢性疲労症候群では、神経細胞の活動が下がることで、自律神経系への悪影響があり、倦怠感、思考力や集中力の低下もあると言われています。その他の以上では、健常者には見られない16種類のタンパクが発見されたということです。

慢性疲労症候群の原因と治療法

日々の生活の中で疲れを感じることは多々あります。また蓄積されて慢性的な疲労を感じるひともいます。気持ち的に疲れていることだってあります。常に‘疲れている’という言葉が口癖の人もいるでしょう。疲れているぐらいで病院に行く人もそんなにいません。しかし、‘慢性疲労症候群’という病気が存在します。慢性的な強い疲労が続くほかに他の不調を併発している場合は、慢性疲労症候群であるかもしれません。しかし、検査をしても異常が見つからず心の状態が不安定になることもあります。慢性疲労症候群はストレスが影響を与えていることもあり、そのことでホルモンや免疫に異常が起こったということもあるのです。生活に支障をきたすほどの異常な疲れは注意した方がよさそうです。また、慢性的な疲労はよくあることで、慢性疲労症候群でないこともありますが、疲労の状態や合併した病気の症状で病院に行ってみることも必要かもしれません。はっきりわからない症状というものは他人の目から見て、病気とはとらえられないことも多いです。ただ怠けているだけと思われないように自分の体調管理というものをしっかりしていきたいものです。慢性疲労症候群の治療法は休息と投薬です。とにかく無理しすぎないことが大事です。

Copyright © 2008 慢性疲労症候群を斬る